« Vistaでスリープ状態から再開すると「0x000000FE」のSTOPエラーが発生する | トップページ | IBMのサーバxSeries 206mが起動できない »

特徴的なHIDが好き

私は、変な特徴的なHID(ヒューマンインターフェースデバイス)が、結構好きだったりします。

このブログを書くのに使っているPCは、キーボード入力とペン入力の両方が出来るコンパーチブル型タブレットPCの Acer TravelMate C111TCiで、ペン入力でのPC操作が便利かもしれないと思ったので買ったものです。

また、これまでにも買ったものとして、トラックボール付きテンキー電卓のCanon KS-1200TKM IIとか、携帯電話の様に片手でPCを操作できるキーボードmevael PA-101、マウスと併用して使う左手専用デバイスWACOM Smart Scroll SS-200などがあります。

キヤノン KS-1200TKM II 1416B001
キヤノン KS-1200TKM II 1416B001

mevael PA-101
mevael PA-101

こんな私が、最近注目しているデバイスは、Appleから近日発売予定のMagic MouseとOpenOffice.orgが開発中のOpenOfficeMouseです。

Apple Magic Mouse MB829J/A
Apple Magic Mouse MB829J/A

Magic Mouseは、一見すると普通のBluetooth対応のワイヤレスマウスですが、表面がマルチタッチ対応のタッチパッドになっているものです。このマウスのマルチタッチ機能はMacOSX専用で、Windowsでは普通の2ボタンマウスとての動作となります。このマウスがWindows7のマルチタッチ機能に対応したら試してみたいと思います。

もう一方のOpenOfficeMouseですが、ホイール付きマウスに18個のキーとアナログジョイスティックが付いていて、最大52個のコマンドをキーに割り当て可能です。また、対応ソフトはOpenOffice.org3.1のほか、Microsoft Office 2007・Internet Exploer・Firefox・Adobe Photoshop・Autodesk AutoCADなどを予定している様ですが、カスタマイズ次第でどのソフトにも対応できそうです。これも販売されたら試してみたいと思います。

« Vistaでスリープ状態から再開すると「0x000000FE」のSTOPエラーが発生する | トップページ | IBMのサーバxSeries 206mが起動できない »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

HID(ヒューマンインターフェースデバイス)」カテゴリの記事

マウス・トラックボール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特徴的なHIDが好き:

« Vistaでスリープ状態から再開すると「0x000000FE」のSTOPエラーが発生する | トップページ | IBMのサーバxSeries 206mが起動できない »

2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ

  • ●このブログの記事のうち、私の実体験に基づいた記事については、個人情報・機密情報の保護の観点から、一部の情報を伏せるなどの脚色を含んだ状態で公開しております。

    ●このブログに掲載されているトラブルの対処方法などの記事は、あくまでも参考情報として公開しているもので、同じ対処方法でトラブルが治るという保証はしておりません。

リンク

無料ブログはココログ