« またAdobe Reader/Acrobatに脆弱性 | トップページ | セキュリティ ミニ情報(1) »

これでExcelの入力が楽になる!?ユニークなデバイスを試してみた【テンキー NT-13U】

前回はCanonのテンキー電卓マウス「LS-100TKM」のレビューをしましたが、今回は、サンワサプライのテンキー「NT-13U」のレビューをします。

SANWA SUPPLY NT-13UBK USB拡張テンキー ブラック
SANWA SUPPLY NT-13UBK USB拡張テンキー ブラック

このテンキー「NT-13U」の最大の特徴は、数値入力の他に、本体左下の「親指キー」を押しながらテンキー部分キーを押すことで「切り取り」「コピー」「貼り付け」や、Excelの「拡大」「縮小」といった操作もできます。

P1020938

↑【写真1】パッケージの外観。
今回購入したカラーは「ブラック」。この他に「ブルー」と「レッド」もある。
パッケージはブリスターパックタイプ。
付属品として、長さ80cmのUSBケーブル(A:miniBタイプ)が付いている。

P1020948_2

↑【写真2】テンキー本体の外観。
本体の大きさは、メーカー公称値で143.5mm×117.3mm×20mm。親指キーがある分、普通のテンキーより場所を取る。

P1020943_2

↑【写真3】テンキー部分のアップ。
キーピッチは実測で約18mm。
うす型メンブレンタイプのキーなので、感触はノートPCのキーボードの様な感じ。
親指キーを押さない状態で入力できる文字は、一般的なテンキーにある[0]~[9][.][+][-][*][/][Enter]の他に、[00][BS][ESC]がある。
また、親指キーを押した状態で入力できる文字は、一般的なテンキーでNumLockを解除した状態で入力できる[↑][↓][←][→][Home][End][Ins][Del][PgUp][PgDn]の他に、[=][切り取り][コピー][貼り付け][縮小][拡大][元に戻す]がある。

最後に、使ってみて気になった点を挙げると、

  • [TAB]キーの位置を[7]キーの上にしてほしい。
    Excelで多用する[TAB]キーが、親指キーを押しながらでないと入力できないのは不便。他のTABキー付きテンキーでは[7]キーの上に[TAB]キーがあるのが普通なので、統一してほしい。
  • NumLockランプをもっと目立つようにしてほしい
    NumLockランプが暗くて小さすぎるので、点灯しているのか消灯しているかわからない。

私の場合「親指キーを押しながら何かのキーを押す」という操作に慣れるのに時間がかかりました。
20年ほど前に、富士通のパソコン「FM-TOWNS」の親指シフトモデルを買ったのですが、親指を使った日本語入力になかなか慣れることができず、結局日本語入力はローマ字入力しか使わなかったという苦い経験があります。
しかし、テンキーに親指キーを追加することで、操作できる機能を増やすというアイディアは素晴らしいと思いますので、今後もこの親指テンキーシリーズ(?)が続いてほしいと思います。

« またAdobe Reader/Acrobatに脆弱性 | トップページ | セキュリティ ミニ情報(1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

HID(ヒューマンインターフェースデバイス)」カテゴリの記事

テンキー」カテゴリの記事

実機レビュー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« またAdobe Reader/Acrobatに脆弱性 | トップページ | セキュリティ ミニ情報(1) »

2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ

  • ●このブログの記事のうち、私の実体験に基づいた記事については、個人情報・機密情報の保護の観点から、一部の情報を伏せるなどの脚色を含んだ状態で公開しております。

    ●このブログに掲載されているトラブルの対処方法などの記事は、あくまでも参考情報として公開しているもので、同じ対処方法でトラブルが治るという保証はしておりません。

リンク

無料ブログはココログ