カテゴリー「テクニックmemo」の4件の記事

格安なLANケーブル自作セットを買いました

 2009年の5月に書いた記事で、当時私が常駐していた事務所にあった工具セットを使って、LANケーブルを修理したことを書きましたが、現在常駐している事務所では、LANケーブルを自作できる工具類がありません。このため、自分専用のLANケーブル自作工具を持った方が良さそうだと思いました。

 以前常駐していた事務所にあった工具セットとLANケーブルテスターは、そこそこ良いものでしたが、その分価格は高めです。

ELECOM LD-TOOLKIT RJ45ツールキット
ELECOM LD-TOOLKIT RJ45ツールキット

ELECOM リモート対応ケーブルテスタ LD-RCTEST/U
ELECOM リモート対応ケーブルテスタ LD-RCTEST/U

 しかし、年に数回使う機会があるかどうかの工具に、あまりお金をかける余裕は無いので、価格が安かった変換名人LANケーブル制作セット(LANSET/1)を買いました。

P1040972

 今回これを買ったのは秋葉原の三月兎3号店で、価格は1980円(税込)でしたが、これと同様のものがAmazonでも注文することができます。

これはかなりお買い得【フ】 LANケーブル制作セット
これはかなりお買い得【フ】 LANケーブル制作セット

LANケーブル制作セット(圧着機/皮むき工具/ケーブルテスター/ケーブル(5m)/LANプラグ(100pcs) LANSET/2
LANケーブル制作セット(圧着機/皮むき工具/ケーブルテスター/ケーブル(5m)/LANプラグ(100pcs) LANSET/2

バッグ入りになってパワアップ【フ】 LANケーブル制作セット 変換名人 LANSET/3
バッグ入りになってパワアップ【フ】 LANケーブル制作セット 変換名人 LANSET/3

LANケーブルテスター+モジュラーペンチ(かしめ圧着工具)+皮むき工具+LANプラグ50個 セット
LANケーブルテスター+モジュラーペンチ(かしめ圧着工具)+皮むき工具+LANプラグ50個 セット

LANケーブル自作工具セット 圧着ペンチ テスター R45モジュラーコネクター LDS
LANケーブル自作工具セット 圧着ペンチ テスター R45モジュラーコネクター LDS

LANケーブル制作セット(圧着ペンチ/ワイヤーストリッパー/ケーブルテスター/コネクター RJ45×100個)すぐに始められます。
LANケーブル制作セット(圧着ペンチ/ワイヤーストリッパー/ケーブルテスター/コネクター RJ45×100個)すぐに始められます。

【お買い得!】LANケーブル作成セット 圧着ペンチ/ワイヤーストリッパー/ケーブルテスター/コネクター RJ45×100個 /ケーブル 入り
【お買い得!】LANケーブル作成セット 圧着ペンチ/ワイヤーストリッパー/ケーブルテスター/コネクター RJ45×100個 /ケーブル 入り

自作 LANテスター かしめ工具 RJ45コネクタ(8極8芯)×100個 コネクタカバ-×100個
自作 LANテスター かしめ工具 RJ45コネクタ(8極8芯)×100個 コネクタカバ-×100個

このLANケーブル制作セット(LANSET/1)の内容ですが、

  • 圧着工具(4芯・6芯・8芯対応)
  • 皮むき工具
  • ケーブルテスタ(RJ11・RJ45対応、006P電池別売)
  • LANケーブル(CAT5e・5m)
  • RJ45コネクタ(CAT5・100個)

の5点が入っています。

続きを読む "格安なLANケーブル自作セットを買いました" »

Windows7のショートカットキー

ASCII.jpに、Windows7で追加されたショートカットキーを紹介する記事があったのでmemo。

この記事の中から、自分にとって役に立ちそうなショートカットキーを抜き出してみます。

Windows+Home
Aeroシェイクと同じ動作。アクティブウインドウ以外のすべてのウインドウを最小化する。再度Windows+Homeキーを押せば元に戻る。

Windows+[↑]
アクティブなウインドウを最大化する。

Windows+[↓]
最大化しているウインドウを元の大きさに戻す。普通の大きさになっているときは、最小化してタスクバーに収納される。

Windows+[←]
Aeroスナップのように、画面の左半分のサイズにウインドウを表示する。押し続けると左/右/中央とウインドウが表示される位置が変わる。

Windows+[→]
画面の右半分のサイズにウインドウを表示する。押し続けると、右/左/中央とウインドウが表示される位置が変わる。

Windows+Shift+[←]、Windows+Shift+[→]
マルチディスプレーを利用しているときに、[←]ならウインドウを左隣の、[→]ならウインドウを右隣のディスプレーに表示する。押し続けるとさらに左(または右)に表示され、端まで行くと逆側に移動する。

Windows+数字キー
タスクバーに登録されているショートカットが実行される。一番左が[1]で、順に[2][3][4]……となる。Windows Vistaでは、「クイック起動」に登録しているショートカットを起動する操作だった。

また、参考としてWindows7・Windows Vista・Windows XPのショートカットキー一覧のページのリンクを紹介します。

しかし、自分が普段使っているショートカットキーは、

  • Ctrl+A すべて選択
  • Ctrl+Z 元に戻す
  • Ctrl+X 切り取り
  • Ctrl+C コピー
  • Ctrl+V 貼り付け
  • BackSpace ウェブブラウザの「戻る」

しか無いなぁ…………

LANケーブルの自作

今日事務所で、「ネットワークに繋がらない」というトラブルコールがあったので見に行ったところ、LANケーブルのコネクタの爪が折れたことによる接触不良が原因でした。
しかし、この問題のLANケーブルは床下を通っていて、このLANケーブルを交換するには、事務机数台をどかして床材をはがす必要があり時間がかかるため、ケーブルはそのままに壊れたコネクタを交換することにしました。
幸い事務所には、かしめ工具セットLANケーブルテスターRJ45コネクタが備わっていたので、これを使って約15分ほどでトラブルは解決しました。

ELECOM LD-TOOLKIT RJ45ツールキット
ELECOM LD-TOOLKIT RJ45ツールキット

LD-RCTEST/U(リモート対応ケーブルテスタ)
LD-RCTEST/U(リモート対応ケーブルテスタ)

ELECOM LD-RJ45T100(RJ45コネクタ100個セット)
ELECOM LD-RJ45T100(RJ45コネクタ100個セット)

今日はこんなことがあったので、LANケーブルの自作方法を解説したサイトを紹介します。
エレコムのサイトでは、cat5eのLANケーブルの作成方法が動画で紹介されています。

また、サンワサプライのサイトでは、cat5eのほかcat6/cat6e/10BASE-2/10BASE-5/光ファイバー/LANモジュラージャックの自作方法が紹介されています。

WindowsVistaの試用期限を最大120日間延長する方法

 ネットでたまたま見つけたネタですが、将来役に立つかもしれないのでmemo。

 WindowsVistaはアクティベーションを行わないと30日後に試用期限が切れますが、以下の操作でこの試用期限をさらに30日延長できます。

  1. スタートメニュー内の検索欄に「cmd」と入力する(enterキーは押さない)
  2. 検索結果に「cmd」のアイコンが出るので、このアイコンを右クリックして「管理者として実行」をクリックする
  3. コマンドプロンプトが出るので、「slmgr -rearm」と入力してEnterキーを押す
  4. 「コマンドは正常に終了しました」のダイアログが出たら、「OK」をクリックする
  5. コマンドプロンプトで「exit」と入力してEnterキーを押す
  6. Vistaを再起動する

 この操作で期限を延長できるのは3回までなので、最初の30日+1回目の延長30日+2回目の延長30日+3回目の延長30日=最大120日まで延長できるというわけです。

元記事:Windows Vista試用版の30日制限を最大120日まで延長する方法(GIGAZINE)

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お知らせ

  • ●このブログの記事のうち、私の実体験に基づいた記事については、個人情報・機密情報の保護の観点から、一部の情報を伏せるなどの脚色を含んだ状態で公開しております。

    ●このブログに掲載されているトラブルの対処方法などの記事は、あくまでも参考情報として公開しているもので、同じ対処方法でトラブルが治るという保証はしておりません。

リンク

無料ブログはココログ

天気

  • Wather Sticker
  • ウェザーニュース

Twitter

MiYA-marのオススメ