カテゴリー「USBメモリの活用」の4件の記事

USBメモリの活用4 「タスクマネージャ」

今回は、USBメモリで使えるタスクマネージャの紹介をします。

Auslogics Task Manager Portable

著作権者
Auslogics Software Pty Ltd.

ダウンロードURL(ポータブル版)
http://www.fileinspect.com/task-manager/portable/

対応OS
不明(公式サイト等に情報無し。Windows XP/Vista 各32bit版に対応していると思われます)

ソフト種別
フリーソフト

説明
3ペインに分割された画面でより多くの情報を一覧できるタスクマネージャのポータブル版

Auslogics Task Manager Portableは、3ペインに分割された画面で、より多くの情報を一覧できるタスクマネージャで、右上ペインには実行中タスクの一覧、左ペインには選択したタスクの情報、右下ペインにはリソースの利用状況が数値とグラフで表示されます。 表示できるリソースの種類はCPU・メモリ・ディスクドライブ・ネットワークの4種類で、グラフにはPC全体のリソース利用状況と一緒に、選択したタスクのリソース情報を重ね合わせて表示できるので、どのアプリケーションがPCのリソースを消費しているのかが判りやすくなっています。
インストール方法ですが、上記のダウンロードURLのサイトを開き、サイト下部の「Download portable version」のリンクをクリックするとダウンロードされます。ダウンロードしたファイル「austaskmanagerportable.exe」をUSBメモリにコピーすればOKです。

System Explorer

著作権者
Mister Group

ダウンロードURL
http://systemexplorer.mistergroup.org/

対応OS
Windows XP/Vista

ソフト種別
フリーソフト(寄付歓迎)

説明
システム情報を徹底的に管理できる高機能なタスクマネージャ

System Explorerは、Windows標準のタスクマネージャの機能を大幅に拡張し、さらにPCのシステムを監視・管理する多彩な機能を付け加えた統合ユーティリティと言えるソフトです。システムやレジストリのモニタリング、自動起動プログラムやサービス、デバイスの制御、プログラムのアンインストールなどの機能がありますが、この他にもここでは書ききれないくらいの機能があります。ITproにSystem Explorerの解説記事がありますので、見て下さい。
System Explorerには、USBメモリで使用できるポータブル版がありますが、ポータブル版では日本語に対応していないので、通常版のSystem Explorerを使って、USBメモリにインストールする方法を紹介します。まず、上記のダウンロードURLのサイトを開き、サイト下部の「Download version 1.5」の下の「Installer (1020 KB) 」のリンクをクリックするとダウンロードされます。ダウンロードしたファイル「SystemExplorerSetup.exe」を実行するとインストーラが起動するので、使用する言語に「Japanese」を指定し、画面の指示に従ってHDDにインストールします。デフォルトでは「C:\Program Files\System Explorer」のフォルダにインストールされているので、このフォルダ内の「SystemExplorer.exe」と「languages」フォルダと「Plugins」フォルダをUSBメモリにコピーすればOKです。 PCにインストールされた方のSystem Explorerは、不要であればアンインストールしてください。

USBメモリの活用3 「システム診断ツール」

今回は、USBメモリで使えるシステム診断ツールの紹介をします。

Secunia Personal Software Inspector

著作権者
Secunia

ダウンロードURL
http://secunia.com/vulnerability_scanning/personal/

対応OS
Windows 2000/XP/Server 2003/Vista

ソフト種別
フリーソフト(個人用途のみ無料で利用可能)

説明
PCにインストールされたアプリケーションの脆弱性を調査するソフト

Secunia Personal Software Inspector(以下PSI)は、PCにインストールされたアプリケーションの情報と同社のデータベースとを照合し、脆弱性が含まれているバージョンかどうかを一括調査できるソフトです。脆弱性が含まれているバージョンと判定された場合には、ダイレクトダウンロードリンクからワンクリックで最新版の公開サイトへアクセスできるので便利です。
インストール方法ですが、USBメモリに直接インストールすることができないので、一旦PCのHDDへインストールする必要があります。ダウンロードしたファイル「PSISetup.exe」を実行するとインストーラが起動するので、画面の指示に従ってHDDにインストールします。デフォルトでは「C:\Program Files\Secunia\PSI」のフォルダにインストールされているので、このフォルダ内のファイル一式をUSBメモリにコピーすればOKです。PCにインストールされた方のPSIは、不要であればアンインストールしてください。
私のTabletPCでPSIを使っててみたところ、スキャンが終わるまで結構時間がかかり、結果が出るまで30分くらいかかりました。途中、スキャンの進行が中々進まなくなる事がありますので、止めたりせず辛抱強く待つ必要があります。(笑)

BlueScreenView

著作権者
Nir Sofer 氏

ダウンロードURL
http://www.nirsoft.net/utils/blue_screen_view.html

対応OS
Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7 の各32bit版/64bit版に対応

ソフト種別
フリーソフト

説明
Windowsがブルースクリーンになった時のエラー情報を収集し、見やすく整形表示できるソフト。

BlueScreenViewは、ブルースクリーンが表示された際に作成されたダンプファイルを自動で探し出し、リスト表示するソフトです。画面の上部には見つかったダンプファイルのリスト、下部にはエラーの原因となったドライバーが色分けされて表示されます。また、メニューバーの「オプション」→「下ペインのモード」→「XP スタイルのブルースクリーン」の順に選択すると、実際のブルースクリーン画面を模したエラー情報が表示されます。
インストール方法ですが、ダウンロードサイトの下部にある「Download BlueScreenView (in Zip file) 」のリンクをクリックすると、ソフト本体の圧縮ファイルがダウンロードできます。また、同じダウンロードサイトのさらに下部に、各種の言語に対応したファイルがあるので、ここから日本語(Japanese)をダウンロードします。この2つの圧縮ファイルを解凍しUSBメモリにコピーすればOKです。

USBメモリの活用2 「ウェブブラウザとPDFリーダ」

今回は、USBメモリで使えるウェブブラウザとPDFリーダの紹介をします。

Mozilla Firefox, Portable Edition

開発元
Mozilla Foundation、Rare Ideas, LLC.、John T. Haller 氏

ダウンロードURL
http://portableapps.com/apps/internet/firefox_portable/localization

説明
FirefoxをUSBメモリで使用できるようにカスタマイズしたポータブル版。

Mozilla Firefox, Portable Editionは、FirefoxをUSBメモリなどへインストールできるようにカスタマイズしたもので、各種設定やCookie、Webページの表示履歴などをローカルPCへ保存せず、USBメモリのインストールフォルダ内に保存するので、外出先で利用するPCでも同じ環境で利用できます。
インストール方法ですが、上記のダウンロードURLのサイトを開き、日本語版をダウンロードします。ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行するとインストーラが起動するので、インストール先をUSBメモリ内の任意のフォルダを指定して続行すればOKです。

Foxit Reader

開発元
Foxit Software

ダウンロードURL
http://www.foxitsoftware.com/downloads/index.php

説明
独自エンジンの搭載により高速で起動する、フリーのPDF閲覧・印刷ソフト。

Foxit Readerは、本家のAdobe Readerよりも速くて軽くてセキュリティ上の問題も少ないとの評判で、人気急上昇中のPDFリーダです。Adobe Readerは、先日の記事で紹介した様な脆弱性の問題を度々起こしていて、アメリカではFoxit Readerへの乗り換えを検討する企業が続出している様です。
インストール方法ですが、Foxit ReaderをUSBメモリで使うには、ZIP版をダウンロードする必要があります。上記のダウンロードURLのサイトを開き、「Foxit Reader 3.1.x.xxxx(exe)」の行にある「More Download」のリンクをクリックします。ポップアップしたウィンドウの下部に、exe版とzip版とmsi版の3つのファイルがあるので、zip版をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍し、「Foxit Reader.exe」をUSBメモリにコピーすればOKです。
Foxit Readerの初期設定では、画面が英語表記になっていますが、設定で日本語に変更することができます。メニューバーから「Tools」→「Preferences」の順に選択すると設定画面が出ますので、設定画面の左側の「Languages」を選び、設定画面上部の「Choose custom language」を選び、設定画面下部より「Japanese」を選んで「OK」をクリックしますと、画面が日本語に変更されます。

USBメモリの活用1 「USBメモリの使い勝手を良くする」

今年の4月に秋葉原へ行った時に、気まぐれで16GBのUSBメモリを買ったのですが、今まで開封もせずに放置していました。しかし、使わないでいるのももったいないので、
「あると便利(かもしれない)ソフトウェアの詰め合わせ」
というテーマで、このUSBメモリを活用しようと思います。

まず最初に、USBメモリの使い勝手を良くするために、以下の3点のソフトウェアをUSBメモリに入れました。

UnplugDrive Portable

作者
Koichi Yamamoto 氏

URL
http://homepage3.nifty.com/yamakox/UnplugDrivePortable/

説明
特定のUSBメモリー等の記憶デバイスを安全に停止させるアプリケーション。
USBメモリー等の中にプログラムファイルをコピーしてそこから直接実行するだけで、そのデバイスを停止させることができます。

USBメモリをパソコンから外す時は、タスクトレイの「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをクリックして、外したいドライブを選択するのが普通ですが、外付けのドライブが複数ある場合は、どれがUSBメモリであるかが判りにくくなります。UnplugDrive PortableをUSBメモリに入れておき、これを実行すれば、簡単にUSBメモリを外せる状態になります。

インストール方法は、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、実行ファイル「UnplugDrive.exe」をUSBメモリにコピーすればOKです。

CLaunch

作者
ぴょんきち 氏

URL
http://hp.vector.co.jp/authors/VA018351/

説明
シンプル操作のボタン型アプリ起動ランチャー。
デスクトップの任意の位置をダブルクリックするか、右下の隅にマウスカーソルを移動するとランチャーウィンドウが現れ、ランチャーウィンドウ以外の場所をクリックすれば自動的に閉じるなど、使い勝手がよいのが特長。

USBメモリに入れたアプリケーションを起動するには、ランチャーを使うのが便利です。
インストール方法は、ダウンロードした自己解凍ファイルを書庫解凍ソフトでUSBメモリ上に解凍すればOKです。この自己解凍ファイルをダブルクリックして実行するとインストーラが起動しますが、この方法ではUSBメモリで使用するには不都合があるので、上記の方法で行って下さい。

また、USBメモリをPCに挿した時に自動的にランチャーを常駐させたい場合は、USBメモリに「Autorun.inf」という名前のテキストファイルを作り、そこにランチャーの実行ファイル名を指定する必要があります。

Autorun.infの内容は、以下の様にします。

[AutoRun]
OPEN=CLaunch.exe
ACTION = USB-Menu:CLaunch

このランチャー「CLaunch」では、起動時や終了時に自動的に実行させるアプリケーションの指定ができますが、終了時に実行するアプリケーションとして「UnplugDrive.exe」を指定しておけば、ランチャーを終了させた後にUSBメモリの停止も行えるので便利です。

towofu's SOFTアイコン作品「USBメモリ8色セット」

作者
towofu's SOFT

URL
http://www.towofu.net/soft/icons.htm

説明
USBメモリをモチーフにした32bitアイコン。
黒・水色・金・銀・緑・オレンジ・紫・赤の8色があります。

USBメモリーをパソコンに挿すと、「マイコンピュータ」には「リムーバブルディスク」として表示されます。これは外付けハードディスクやメモリカードリーダーなどと共通のアイコンで表示されるので、複数の記憶デバイスを使っていると見分けがつきません。そこでUSBメモリー専用のアイコンが表示されるようにすると、見分けがつきやすくなります。

インストール方法は、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、使いたいアイコンファイル(~.ico)をUSBメモリにコピーすればOKです。

しかし、このままではUSBメモリのアイコンが変わりませんので、先ほどのAutorun.infにUSBメモリのアイコンファイル名を指定する必要があります。

例えば緑色のUSBアイコンファイル「USB_Green.ico」を使いたい時は、Autorun.infに以下の行を追加します。

icon=USB_Green.ico

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お知らせ

  • ●このブログの記事のうち、私の実体験に基づいた記事については、個人情報・機密情報の保護の観点から、一部の情報を伏せるなどの脚色を含んだ状態で公開しております。

    ●このブログに掲載されているトラブルの対処方法などの記事は、あくまでも参考情報として公開しているもので、同じ対処方法でトラブルが治るという保証はしておりません。

リンク

無料ブログはココログ

天気

  • Wather Sticker
  • ウェザーニュース

Twitter

MiYA-marのオススメ